当院にて接種可能なワクチン

定期接種

二種混合 四種混合 小児肺炎球菌 Hib
BCG MR(麻しん風疹) 水痘 子宮頸がん
日本脳炎 B型肝炎    

任意接種

ロタウイルス おたふく インフルエンザ  

四種混合ワクチン

ジフテリア(Diphtheria)、百日咳(Pertussis)、破傷風(Tetanus)およびポリオ(Polio)を予防するワクチンです。 これまでの三種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風)ワクチンに不活化ポリオワクチンを合わせたワクチンです。 ジフテリアの症状は高熱、のどの痛み、犬吠咳、嘔吐などで、偽膜とよばれる膜ができて窒息死することもあります。 発病2~3週間後には菌の出す毒素によって心筋障害や神経麻痺をおこすことがあります。 現在では患者発生数は年間0~1名程度です。 百日咳は普通の風邪のような症状で始まり、 続いて咳がひどくなり、 顔を真っ赤にして連続的に咳き込むようになります。 咳のあと急に息を吸い込むので、笛を吹くような音がでます。 乳幼児は咳で呼吸ができず、チアノーゼやけいれんが起きることがあります。 破傷風はヒトからヒトへ感染するのではなく、土の中にいる菌が傷口からヒトの体内に入り込んで感染します。 菌の毒素のために口が開かなくなり、けいれんを起こした死亡することもあります。 ポリオは「小児まひ」とも呼ばれ、口やのどから侵入したポリオウイルスが腸の内で増殖し、 血液中に侵入し中枢神経組織(脊髄前角細胞)で再増殖し、 その結果足や手に麻痺が生じる病気です。 上部脊髄(延髄)に病変が広がると呼吸不全となり死亡することがあります。

*稚内市では集団接種にて接種します
*当院でも接種可能となりました

・接種対象:生後3ヵ月~7.5歳未満

・接種スケジュール:
 1期初回 生後3か月~1歳までに3週間間隔で3回接種
 1期追加 1期初回終了後1年~1年半で1回接種