当院にて接種可能なワクチン

定期接種

二種混合 四種混合 小児肺炎球菌 Hib
BCG MR(麻しん風疹) 水痘 子宮頸がん
日本脳炎 B型肝炎    

任意接種

ロタウイルス おたふく インフルエンザ  

B型肝炎ワクチン

ウイルスが体内に入ると肝炎を起こし、長く肝臓に住みついて肝硬変や肝臓がんを引き起こします。 非常に感染力が強いウイルスで、感染経路はB型肝炎を持った母親からの分娩時の感染や、 父親や家族や友人、ウイルスに汚染された血液の輸血、性行為などで感染が知られています。 WHO(世界保健機関)では、世界中の子ども達に対して生まれたらすぐに接種することを指示しています。
*平成28年10月より任意予防接種から定期予防接種に変更になりました。(平成28年4月1日生まれ以降のお子さんが対象)

[母子感染予防]
母親がB型肝炎キャリアの場合は、生後すぐ(12時間以内が望ましい)にB型肝炎予防用の免疫グロブリンとB型肝炎ワクチンを接種、その後、生後1ヶ月、6ヶ月にB型肝炎ワクチンを接種します。
(すべて母子感染予防措置として健康保険で接種できます)

・接種対象:0-1歳未満
・接種スケジュール:3回接種 27日以上の間隔を空けて2回接種後、初回接種から139日以上の間隔を空けて1回接種